×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

防波堤釣りの醍醐味を紹介します。いろんな釣りのシチュエーションがあるなかで、防波堤での釣りには他の川釣りや海釣りにない楽しみがあります。

防波堤釣りは気軽に始められる

 

防波堤での釣りはとても手軽に始めることが出来ます。それでも釣りはとっても奥が深い趣味なんですよ。色々仕掛けを換えてみたり、エサを変えてみたり様々な工夫をしている人を見ることが出来ますが、一匹の魚を釣るために何日もかかって釣れた時はあなたもきっと防波堤の釣りのとりこになっています。

 

 

 

まずは、近所の防波堤に出かけてみましょう。多分ですが釣り人の一人や二人は必ずいます。釣っている人のバケツの中身や釣果の情報を聞いておきましょう。何事も最初が肝心、散歩ながらの情報収集をしてエサや仕掛けを見て参考にしましょう。

 

 

 

なれてきたら、ぜひ仕掛け作りに挑戦してみてください。これがまた楽しいひと時なんです。自分の作った仕掛けであれこれ工夫をこらし、売っているものより魚がつれた日には格別な釣行になることをうけおいです。プラモデルを作るよりもずっと簡単です。ぜひ挑戦してみてください。

 

 

 

釣った魚は家庭に持ち帰ってぜひ食べてください。沿岸の小魚は野趣にとんだ遠洋の魚にはない美味しさがあります。家族で食べるとまた格別の美味しさです。釣れた時の楽しさを何倍にもしてくれます。ついでに自分で料理をしては如何ですか。これが又楽しいんです。
どんな魚が釣れるのか

 

防波堤での釣りでは色々な魚の種類を見ることが出来ます。もちろん季節にもよりますが、どんな魚が釣れているのか情報の収集をしてから出かけたほうが坊主にならずにすみます。散歩をしながら一度は防波堤の釣り人のバケツを除いて見ましょう。なにが釣れていましたか、カレイそれともハゼでしたか?

 

 

 

釣れる魚は大きなものから、ハゼのように小さなものまで季節にもよりますがたくさんの種類がつれます。それだけ日本の海は豊かなんですね。防波堤釣りは入門者にはピッタリですが、まず他の人がどんな仕掛けをしているかなど、一点に絞って観察してみましょう。

 

 

 

釣具も安いものからとんでもないものまで、それはたくさんの種類、価格のものがあります。竿なども名竿と言うものがありますが、普通はもったいなくてとても使えません。ヘラブナ釣りの竿などが昔ながらの作り方をしていて本物の竹を使っているのに今の新素材のように軽く、とても高価なものがあります。

 

 

 

防波堤での釣りには、一枚のジャンバーなどを忘れずに用意しましょう。たとえ天気であっても吹きさらしのところが多いので風が吹くと、温度が急激に下がることが多いのです。熱ければ脱げは゛良いので夏だからだとシャツ一枚ではくれぐれも出かけないようにしなければ成りません。
防波堤での醍醐味

 

防波堤での釣りは、日本全国どこの防波堤でも何がしかの釣りを楽しむことが出来ます。それだけ日本の海が豊かなことの証明なのですが、最近ゴミの問題が話題になっています。釣りを楽しんだ後の後始末が出来ない人がいるようで、防波堤の波止めにはたくさんのビニールや空き缶が浮いていることがあります。楽しんだ後のゴミは持つ帰りましょう。

 

 

 

防波堤では四季折々の魚が釣れています。木々の四季があるように釣れる魚で季節を感じてみませんか。もうすぐハゼが釣れだす。もうすぐチヌがと、毎年の釣りシーズンの到来を楽しみに出来るようになるとベテランの仲間入りでしょうか。釣具の竿を磨いて用意万端整えておきましょう。

 

 

 

釣具が必要になりますね、竿や針その他諸々ですが最初は釣具店に用意しているセット物の安い釣具で充分です。大きな釣具店ですと、大概何種類も用意があります。もしあなたが初心者なら、迷っていないで店員さんに聞くのが一番の早道、釣具一式を用意してもらいましょう。

 

 

 

釣具も仕掛けや針ぐらいは自分で糸を結べるくらいにはなりたいものです。最初は戸惑いもありますが、やっているうちにこれもまた楽しい作業となります。釣行の前の仕掛け作りは、旅行前夜に似ています。防波堤のあの場所は人がたくさんいるから今度はこっちを攻めてみようとか、つれている場所は何時に行けば良いかなとか本当に楽しいものです。